HELP・お助け情報◆ブログ記事の書き方 記事作成のコツはたったの3つ

パソコンの操作方法
総合メニュー
ブログ概要 稼ぐ準備 稼ぎ方 実践記録 オススメ HELP サイトマップ

 HELP・お助け情報               

HELP・お助け情報
00 HELP・お助け情報  目次
01 用語集
02 ブログ記事の書き方
03 パソコンの操作・設定
04 パソコンの安全対策
05 便利ツール・フリーソフト
06 ブログ作成ソフト◆WordPress
90 の他 HELP・お助け情報

 ブログ記事の書き方 詳細

ブログ記事の書き方
ブログ記事の書き方 目次
ブログ記事の全体の流れ
Seoとキーワード選定
記事作成のコツ
商品紹介について
記事の書き方 QアンドA

  HELP・お助け情報・目次へ戻る

HELP・お助け情報 記事作成のコツ

HELP・お助け情報◆ブログ記事の書き方 記事作成のコツはたったの3つ

HELP・お助け情報 記事作成のコツ

ブログ記事の書き方がわからない、どんな順序で書けばいいのかわからない、そんなブログ初心者に対してわかりやすく最後まで記事を読んでもらうためのコツを大きく3つにまとめました。

1.何のジャンル、どんな記事コンテンツを書くのかを決定する。
(書きたい記事があってもすぐに書かない。)
     ・キーワードを決定する。
     ・タイトルを決定する。
   (タイトルにキーワードを含める。) 
2.ユーザーの悩み(検索意図)を明確化する。
  ・導入文の作成。
   (導入文にキーワードを含める。)
  ・見出しを決める。
   (見出しにもキーワードを含める。) 
3.読者にとってわかりやすい記事の作り方
     ・画像を活用しょう
     ・ライティングのコツ
    (PREP法「結論・理由・事例・要点」の順で書く。)
     ・記事作成後のチェック

1.何のジャンル、どんな記事コンテンツを書くのかを決定する。

グロブ記事を書くときに、まず決めることは・・・「どんな記事を書きたいのか」、「何について書きたいのか」から始まると思います。

つまり、「読者に読んでもらいたい記事」であり、「記事のメインコンテンツ」になります。
これは、記事の中身になり、ここが充実していないと、せっかく訪問してくれた読者に時間の無駄をさせることとなり、今後二度と再訪問してくれることはないでしょう。

この記事の内容は、検索ユーザーが入力した検索ボックスのキーワードとマッチしていることが最も大切になります。

訪問者が検索したキーワードの検索意図、・・・訪問者が「何を知りたいのか」、「何に悩んでいるのか」に、的確に答えてあげる必要があります。

そこでGoogleなどの検索エンジンでは、検索ユーザーが入力した検索ボックスのキーワードに対して、いかにして最適のホームページを表示させるかが第一目標となっています。

1-1. 記事内容にマッチしたキーワードを決定する。

キーワードとは、Googleなどの検索エンジンの検索ボックスに入力された2語から3語の語句のことです。

重要なことは、この2語から3語のキーワードの中から検索した人の検索意図を読み取ることです。
つまり、訪問者が何を知りたいのか、何に悩んでいるのか、・・・を推察することです。

あなたが、検索する場合のキーワードを考えてみてください。
たとえば、渋谷駅近くでラーメンを食べたいと思った場合「ラーメン 渋谷駅」と検索ボックスに入力すると思います。
渋谷駅と言う場所のラーメン店を知りたいと言うことになります。

もしかりに、あなたのブログのタイトルを見たときに、ラーメンや渋谷駅の語句が含まれていたとしても、記事の内容がラーメンの作り方や味などについて書かれていたら、せっかく訪れた検索ユーザーはすぐに離脱して別のブログへ移動していってしまうこととなります。

キーワードと記事の内容が一致していることが、大切だと言うことです。
そのためには、どんな記事を書くのかが決まったら、それと関連するキーワードを選ぶ必要かあります。

Googleなどのロボット型の検索エンジンでは、実際に検索されたキーワードの検索意図に答えるため、クローラーというソフトを使用してキーワードの集計・分析をして、検索ユーザーにマッチしたホームページを、素早く順位を付けて表示するよう努力を重ねています。
このとき注意しなければならないことは、書こうとしている記事の内容に対して、キーワード選定は、決して自分で選ばないことです。

実際に検索ユーザーたちが検索したキーワードを、選ぶ必要があります。
Googleでは、実際に検索エンジンで検索されたキーワードを、体系的に調べる無料ツールを提供しています。
それが、「ラッコキーワード」のサジェストキーワードです。

たとえば、記事の内容が渋谷のラーメン店を紹介したいなら「ラッコキーワード」の検索窓に「ラーメン 渋谷駅」と入力して左上のサジェストキーワード(実際によく検索されているキーワード)の中から自分の書きたい記事にあったキーワードを選ぶ必要がります。

あくまでも、このサジェストキーワードの中から選ぶと言うことです。
これが、「自分でキーワードを作らない」と言うことです。

例えば、「ラーメン 渋谷駅」の中から「ラーメン 渋谷駅 ランキング」など、書きたい記事を一つ選択するわけです。
あまり検索されていないキーワードの場合は、このサジェストキーワードの数も少ないので注意が必要です。

月間数十回より数千回の検索が見込めるキーワードを選ぶことで、あなたのブログのキーワードに対するヒット率も向上するわけです。

そこで、こんどはGoogleの無料ツール「キーワードプランナー」を使用して検索ボリュームを調べます。

つまり、関連キーワードリサーチツールである「ラッコキーワード」でサジェストキーワードをコピーして、「キーワードプランナー」に移動して「検索のボリュームと予測のデータを確認する」で、コピーした関連キーワードを貼り付けて、検索ボリュームを調べることができます。

「ラッコキーワード」でサジェストキーワードをコピーする。

「キーワードプランナー」に移動して「検索のボリュームと予測のデータを確認する」を選択

関連キーワードを貼り付けて「開始」ボタンをクリックする。

検索ボリュームが表示されます。

このキーワード選定を間違うと、どんなに内容がすばらしいブログであっても検索キーワードと記事内容が一致してなければ、検索結果では上位表示されることはありません。

上位表示されなければ、あなたのブログは検索ユーザーの目に留まることはなく、多くのホームページの中に埋もれてしまいます。

また、仮に上位表示されたとしても月間の検索ボリュー数が少なければ、あなたのブログへのアクセス数を集めることはで来ません。

あくまでも、よく検索されているキーワードを選ぶことが重要で、記事の内容はキーワードに沿った内容にするために、まず最初にキーワードを決定してから、記事を書き始めることをお勧めします。

「ラッコキーワードツール」のユーザー登録について
無料・・・検索使用回数の制限があります。

「ラッコキーワードツール」は無料で利用できますが、1日5回までの検索回数の制限があります。

しかし、無料版でもユーザー登録を行いログインして利用すると、1日50回まで使えるようになります。

ユーザー登録に必要なのはメールアドレスだけなので、1日に何回も利用する場合は、事前に登録しておくと便利です。

ラッコキーワードリサーチツール・ユーザー登録(無料版)

1-2. クリックしたくなるタイトルを決定する。

「クリックしたくなるタイトル」と書きましたが、これは検索結果において上位表示された場合に検索ユーザーが「思わずクリックしたくなるタイトル」のことです。

大切なのは、これは上位表示された場合の話になります。
Googleでは、訪問者の検索キーワードに対して、タイトルや記事の内容からランク付けをしており、検索ユーザーが検索キーワードを入力すると、瞬時に検索結果をランクの順位に従い上位から表示できるように準備しています。

瞬時に検索結果を表示できる理由は、事前にクローラーというソフトが、検索エンジンに登録されたホームページを巡回パトロールして、表示順をランク付けして一覧表にまとめられているから(インデックス化されているから)、瞬時に検索結果をランク順表示できるわけです。

その方法は企業秘密ではありますが、入力されたキーワードに対してのタイトルや記事の内容でランク付け(数値化)されていることは、間違いありません。

そこで、タイトルには記事の内容の要約であるキーワードを、含ませておくことが必要になってきます。

1) ブログ記事のタイトルについて

ブログ記事のタイトル作成時に考慮するべき点をまとめました。

■ブログ記事のタイトル作成時に考慮すること。
・読者の疑問や悩みに答えるタイトル(重要)
・タイトル内にキーワードを含める。
・タイトルは32文字以内
(Googleで検索した時に32文字までしか表示されないから)
・人を引き付けるワードを入れる。
(数字や「簡単、方法、安全、健康」など気になる文字を入れる)
タイトルは、検索ユーザーがまず最初に目にする情報なので、選んだ検索キーワードから検索ユーザーが「何を知りたいのか」、「何に悩んでいるのか」を推察して、検索意図に合致したものであることが大切です。
例えば、「ラーメン 渋谷駅 ランキング」の場合、ラッコキーワードで「ラーメン 渋谷駅」を検索して、表示された左上のサジェストキーワードの「ラーメン 渋谷駅 ランキング」をクリックしますと、検索結果のタイトルが表示されます。
実際のタイトルの作成時は、あなたが決定したキーワードで検索してみて、その検索結果の上位のブログのタイトルを参考にして作成することをお勧めします。
それは、そこに表示されている検索上位のブログタイトルが、入力したキーワードに対するGoogleが選んだ高得点の評価結果だと言うことになるからです。
そこで、それらのブログのタイトル内のにキーワードである「ラーメン 渋谷駅 ランキング」が、32文字内でどのように配置されていて、「思わずクリックしたくなるようなタイトル」とはどんなタイトルなのかを、学習することをお勧めします。

2.ユーザーの悩み(検索意図)を明確化する。

「書きたい記事があってもすぐに書かない」とは、ここまで述べたような理由であり、上位表示をねらったページの設計が大切だと言うことになります。

さて、書きたい記事の内容からキーワードやタイトル、が決まったらそのあと実際の記事を書いていくことになります。

2-1. 導入文を作成する。

導入文とは、本文の記事の内容を簡単に要約したものです。
「メタディスクリプション(meta description)」とも言い読者が最初に目にする記事でもあります。

この導入文を読めば、読者にとってブログ記事の全体の内容がわかるので、ブログの本文に読者が知りたいことや悩みの解決方法が、書かれているかを判断できます。

(この導入文が検索したキーワードの検索意図とかけ離れている場合は、読者は他のブログを見に行くことになります。)

1) 導入文(メタディスクリプション)の作成

導入文は下記のようなことに注意して書きます。

■導入文(メタディスクリプション)の作成時に考慮すること。
・読者への問いかけ
・記事本文の内容の要約
 (読者の悩みの解決策、記事を読むメリット、キーワードを含める。)
・アクションを促す
 (アフィリエイトや商品販売などの場合)
・150文字以内でキーワードを含む
・ブログの最初(タグ h2)の前、タイトルタグh1の次に導入文を入れる。

導入文(メタディスクリプション)は、検索結果のタイトルの下段に表示され、読者が検索したキーワードが太字で表示されます。

検索ユーザーが「ラーメン 渋谷駅 ランキング」で検索した場合

また、Wordpressの設定では「All in One SEO Pack」などのプラグインを利用することにより、編集画面の下部のSEO設定で、メタディスクリプションやタイトル、キーワードなどを設定出るようになります。

2-2. 記事本文の見出しを決める。

導入文を作成して、読者の知りたいことや悩みがわかったら、それに対しての答えを書くことが、記事本文の目的になります。

ここで重要なのは、記事本文を書く前に記事の内容、順序を箇条書きして見出しを作成してから記事を書いていくことです。

1) 見出しを作成する。
■見出しを作成の作成時に考慮すること。
・読者の知りたいことや悩みを箇条書きする。
 (検索意図を調べる。キーワードを入れる。)
・見出し構成、順序を作成してから記事を書く。
 (見出しタグh2~h4を作成する。)
・結論を先に書く
 (読者の知りたいことに先に答えてあげる。)

見出しは、見出しを読んだだけで記事に内容がわかることが大切です。

記事全体の構成を考えたとき、小分けにした見出しだけで記事全体の内容がわかるように、順序だてて作成することが重要です。

このとき参考にしたいのが「Q&Aサイト・Yahoo知恵袋など」です。

記事本文は、検索ユーザーの検索意図に答えていることが大切で、検索意図の洗いだしを行う必要があります。

検索してきた人は「何が知りたいのか」「何に悩んでいるんだろう」とかを考えて、それに答えてあげる必要があります。

そのためには、検索ニーズの洗いだしを行う必要があります。

2) 検索ニーズの洗いだしをする。
■検索ニーズの洗いだし時に考慮すること。
・Yahoo!知恵袋でニーズを分析する。
・自分自身の経験などから想像してみる。
・検索ユーザーの「人物像(ペルソナ)」を想像して考える。
・競合記事を参考にして検索ユーザーの悩みを洗い出す。

これは、「ラッコキーワード」で「ラーメン 渋谷駅」や「ラーメン 渋谷駅 ランキング」を検索後、メニュ(左側)の「Q&Aサイト・知恵袋など」を選択すると「Yahoo!知恵袋」や「教えてgoo」のQ&Aサイトが表示されますので、参考にするといいでしょう。

もちろん、自分自身の経験などから想像してしてみることも、いいと思います。

また、検索ユーザーは、早く検索したキーワードの答えを知りたがっていますので、キーワードから推察される知りたいことの結論を見出しとして作成することも読者にとって、わかりやすいブログと言えるでしょう。

さらに、関連する競合サイトの見出しを参考にすることをお勧めします。
これも「「ラッコキーワード」」で「ラーメン 渋谷駅 ランキング」を入力して左側メニューから「見出し抽出(上位20サイト)」を選択すると競合サイトの見出しが表示されますので参考にするといいでしょう。

このページの目次へ戻る▲

3.読者にとってわかりやすい記事の作り方

さて、ここまででブログのタイトル、導入文、見出しが作成できましたので、いよいよ各見出しの記事を書くことになります。

検索ユーザーに、自分の記事を最後まで読んでもうにはどうすればいいのか。

せっかく作成した記事も、最後まで読んでもらわないと意味がありません。

なんども書きますが検索ユーザーは、早く検索したキーワードの答えを知りたがっていますので、最初に結論から短適に書いてあげると、長い記事でもスムーズに最後まで読んでもらえると思います。

このとき、結論の理由(なぜ読者の悩みを解決できるのかを述べる)と具体例(体験談など)を合わせて書くとより分かりやすく、説得力がでると思います。

そこで大切なことは、誰が読んでもわかりやすい(読みやすい)文章を目指すことです。

3-1. 分かりやすい文章を目指す。

■わかりやすい文章を目指す時に考慮すること。
・画像を入れる。
 (記事の内容がわかる画像。文字を入れる。)
・導入文は画像の下に入れる。
・PREP法の適用

ブログの訪問者が、ブログを見たときに記事の内容が視覚的にわかる画像があると、以下の記事が読まれやすいと言われています。

画像があることで、訪問者の目をひくことができます。

このページでもタイトル(h1タグ)と大見出し(h2タグ)の間にアイキャッチ画像とは別に、このページに何が書かれているかの文字「記事作成のコツ」を、挿入した画像を入れました。

すると、確かにこのページを見たときに、見出しより画像で視覚に訴える方が、以下の記事に何が書かれているかを示すことができます。

また、画像のすぐ下に導入文を入れておくことで、この記事の要約がわかり、検索ユーザーの検索意図と合致していると思われれば、以下の記事を続けて読んでもらえると思います。

参考までに、無料の画像素材の取得サイトを紹介しておきます。

無料の画像素材の紹介
Pixabay ピクサベイ – https://pixabay.com/ja/
・写真AC – https://www.photo-ac.com/
・イラストAC – https://www.ac-illust.com/
・モデルフォト – https://model.foto.ne.jp/
・ぱくたそ – https://www.pakutaso.com/
各サービスの利用規約を確認の上ご利用ください。

ちなみに私がよく使っているサイトは、Pixabay(ピクサベイ)です。
理由は、イラスト画像の数が多いからです。

さて、いよいよ作成した見出しを見ながら記事を作成していきますが、それにはテンプレート(PREP法)を利用するといいと思います。

PREP法は、ビジネス文書などに使われていて、SEOに強い記事構成のテンプレートで「結論・理由・事例・要点(主張)」の順で書いていきます。

■PREP法(記事構成のためのテンプレート)
Point…結論、要点、主張
  「〜は〜解決できます。」
Reason…理由
  「なぜなら〜からです。」
Example…事例、具体例
  「たとえば〜です。」
Point…結論の繰り返し、要点、主張
  「つまり〜なので、〜ということです。」
PREP法は、上記のように型に沿って文章を書いていく方法です。

これは、各見出しに対して適用していきます。

つまり、一つ一つのの見出し記事に対して、繰り返して書いていきます。

具体的に、この記事の見出し「3.読者にとってわかりやすい記事の作り方。」の場合は下記のようになります。

■PREP法の具体例
見出しが「読者にとってわかりやすい記事の作り方。」の場合

結論:誰が読んでもわかりやすい文章を目指すことです。

理由:作成した記事も最後まで読んでもらわないと意味がありません。

具体例:画像を入れる。
   (記事の内容がわかる画像。文字を入れる。)
    導入文は画像の下に入れる。
    PREP法の適用
結論:画像や見出し、文章の書き方を考慮することで、検索ユーザーの知りたいことや悩みに的確に答えてあげることができ、少しでも読者のために寄与することができると思います。

このように、画像や見出し、文章の書き方を考慮することで、検索ユーザーの知りたいことや悩みに的確に答えてあげることができ、少しでも読者のために寄与することができると思います。

このページの目次へ戻る▲

4.まとめ

ここまでブログ記事の書き方についての基本的な事柄について書きましたが、読者に共感を与える記事を書くためには、記事を読むメリット(記事の内容)が重要になってきます。

自分が伝えたいことを、どのようにしたら「スラスラと読んでもらえるか」、「読者の悩みや疑問に共感を与えられるか」が大切になってきます。

そのためには、検索上位に表示されている競合相手のブログを、ここに書かれた内容の視点でじっくり分析してみることをオススメします。

簡単に、この記事の内容をまとめておきます。

■ブログ記事の書き方・順序
タイトル(h1タグ)・キーワードを含め30字程度
  目次
   ・見出し(h2タグ)
   以下の記事(h3タグ)内容の簡単な説明
   ・画像・記事に関連した画像を入れる
   ・導入文・記事全体の概要(キーワードを含む)150字程度
   以下の記事全体を読めば、「何がわかるのか」を書く
           ・見出し(h3タグ)
          見出し記事内容の簡単な説明
             見出しの記事の詳細・「結論・理由・具体例・主張」の順
           ・見出し(h3タグ)
          見出し記事内容の簡単な説明
              見出しの記事の詳細・「結論・理由・具体例・主張」の順
  ・見出し(h2タグ)
   以下の記事(h3タグ)内容の簡単な説明
  ・画像・記事に関連した画像を入れる  
           ・見出し(h3タグ)
        見出し記事内容の簡単な説明
             見出しの記事の詳細・「結論・理由・具体例・主張」の順
  ・見出し(h2タグ)
  記事全体のまとめ
  各見出しで主張してきた結論を再度まとめる。
  読者にアクションを促す。(商品購入など。)   

最後に、記事を読みやすくするために、改行や箇条書きをバランスよく使ったり、句読点の使い方にも注意をしましょう。

たとえば、

・ここで、はきものを脱いでください。
・ここでは、きものを脱いでください。

このように、句読点の使い方でまったく意味が変わる場合がありますので、注意する必要があります。

そのためには、記事作成後になんども作成した記事を読んでみて、「読者の検索意図」にしっかりと答えているか、「全体の記事の流れ」はスムーズに理解しながら読まれるだろうかなど、読者目線でなんども読んでみる事をお勧めします。

記事作成は何度も記事作成を繰り返しながら少しずつ上達していくものです。

10記事、100記事、3か月、1年とたっていくうちに、上達していきます。

私自身、まだまだ挫折中のブログ初心者なので、今回まとめたことを念頭に、このブログを継続して記事作成をしていきたいと思います。

このページの目次へ戻る▲

ブログ記事の書き方

目次 全体の流れ キーワード選定 記事作成 商品紹介 Q&A

ブログの概要・稼ぎ方目次(目次)

「HELP・お助け情報 目次」へ戻る。

====================

HELP・お助け情報

HELP・お助け情報
00 HELP・お助け情報  目次
01 用語集
02  ブログ記事の書き方
03 パソコンの操作・設定
04 パソコンの安全対策
05 便利ツール・フリーソフト
06 ブログ作成ソフト◆WordPress
90 その他 HELP・お助け情報

「HELP・お助け情報 目次」へ戻る。

====================

初心者はネットで稼ぐために何をすべきか。

総合メニュー
Top (ブログの概要) 
   ネットで稼ぐための準備 
ネットで稼ぐ稼ぎ方
日々の実践記録
オススメ情報
  HELP・お助け情報

「ブログの概要」へ戻る

====================

シェアする

フォローする

トップへ戻る