HTMLカラーコードについて

カラーコードとは・・・

  すぐに使えるカラーコード・・・HTMLカラーチャート・HTMLカラーピッカー

HTMLカラーコードとは、HTMLで色を表現するための文字列である。

#ff0000」のように、#シャープ)の後の16進数(0~9+A~F)6桁の英数字で色を表したもの。
左から2桁ずつ、
RRed)・GGreen)・BBlue)の数値を示し、それらを加法混色したときの色を表す。
・3色のうち一色だけが大きいと光の三原色(赤・緑・青)のどれかに近くなる
・3色のうち一色だけが少ないと色の三原色(シアン・マゼンタ・イエロー)のどれかに近くなる
・全体的に数字が小さいほど黒に近づき、大きいほど白に近づく
・各3色のうち最大の数値と最小の数値の差が小さいほど色がくすみ、大きいほど鮮やかになる
各16×16=
256段階で、この組み合わせにより合計16777216色を表現することができる。

光の三原色(RGB)を作る

光の三原色(RGB)を作る

色の三原色(CMY)を作る

色の明度と彩度を作る

画像参照・・・「[色]デザイナーっぽくカラーコードの16進数を覚えたくないですか?

  すぐに使えるカラーコード・・・HTMLカラーチャート・HTMLカラーピッカー

まとめ

整理すると、こうなります。
真っ黒の画用紙とRRed)・GGreen)・BBlue)の3色の絵の具があったとします。

そして、各絵の具の量を16進数の#00~#ff(小~大)とします。

ここで、カラーコードの「#rrggbb」が「#000000」ならば、何色も混ぜないのだから真っ黒の画用紙のままなので「黒」になります。

ここで、カラーコードの「#rrggbb」が「#ff0000」ならば、赤色、「#00ff00」ならば、緑色、「#0000ff」ならば、青色、・・・
そして、3色全てを混ぜると「#ffffff」となり「白色」となります。

#000000 #ff0000 #00ff00 #0000ff #ffff00 #ff00ff #00ffff #ffffff

また、色の混ぜ方により黄色や紫色、茶色や明るい色、暗い色、くすんだ色などと変化します。
  すぐに使えるカラーコード・・・HTMLカラーチャート・HTMLカラーピッカー

 WordPress   (テーマ simplicity) ・HTML CSS へ戻る

=======================

初心者はネットで稼ぐために何をすべきか。

総合メニュー
Top (ブログの概要) 日々の実践記録
ネットで稼ぐための準備 オススメ情報
ネットで稼ぐ方法  ELP・お助け情報

  「ブログの概要」へ戻る

シェアする

フォローする

トップへ戻る