ネットで稼ぐための準備◆ネットで稼ぐための基礎知識 その1◆

総合メニュー
ブログ概要 稼ぐ準備 稼ぎ方 実践記録 オススメ HELP サイトマップ

  ネットで稼ぐための準備                 

 「ネットで稼ぐための準備 目次」へ戻る

1. ネットで稼ぐための基礎知識◆ホームページ不要◆

自分のホームページを持たなくても稼ぐために、知っておかなければならない基本的な知識をまとめました。

1-1) なぜ自分のホームページを持たなくても稼げるのか?

もちろん稼げます。
今後、このサイトで紹介していく稼ぐ方法は、有料の表記がなければすべて無料で稼ぐ方法を基本に紹介していきます。

今の時代は、ホームページなんか作らなくても簡単に稼げる方法がたくさんあります。
たとえば、ポイントを貯めて稼げる「ポイントサイト」です。

有名どころは「Tポイントサイト」他には「げん玉」や「ハピタス」などがあります。
同じようにポイントを貯めて稼ぐ「アンケートサイト」や「フルーツメール」や「チャンスイット」などの「懸賞サイト」や「マクロミル」などの「アンケートサイト」などがあります。

また、自分のスキルを生かしたい時は、クラウドソーシングと言う方法があります。
企業がパソコンでできる簡単な作業を募集するアウトソ-シングであり、不特定多数の人に作業を委託してその成果に対して報酬が支払われる形態です。

 たとえば、大手ショッピングサイトの顧客台帳の作成をEXCEL表なんかに入力してその成果に対して、実施した分だけ報酬が発生するといった感じです。
いままで企業内の担当者が何日もかけていた定型業務でもネットで募集(アウトソーシング)して多数の人に業務委託すれば短期間で完成でしる業務の効率化や費用面でもメリットがあります。
もちろん、個人情報の保護とか漏洩などへの気配をした依頼方法が重要になりますが、個人でも実績を重ねていくと信用が付き再委託も望め定期的な報酬源にもなります。
 特に、ホームページ用の画像処理ソフトを利用したアイコンやヘッダー画像の作成(イラストレーター)依頼の報酬は高いようで、これだけで生活している人もいるようです。
このクラウドソーシングを提供している有名なサイトは「coconara ここなら」や「クラウドワークス」などがあります。

もっとほかの稼ぎ方を言えば、自分が撮った写真・・・旅行した時の風景や、自分がウオッチングしている動物やお花なども使用権を売る形で報酬がもらえたり、アイディア募集サイトやNHKなどの視聴者モニターに応募して年間のモニターになり番組の感想をネットで送信したり、飲食店でサービスや食事の感想を送信する「隠れモニター」になったり、・・・

自分の空いた時間を利用してできる在宅型の内職はまだまだたくさんあります。

1-2) ポイントサイトなどで稼ぐ場合に事前準備するもの 

初めてネットで稼ぐためには、それなりの事前準備が必要になります。

スマホなどでアンケートに回答してポイントを貯めたり、メルカリやヤフオクなどで自宅の不用品をネットオークション販売するにしても必ず必要なものがあります。

それはメールアドレスです。

ポイントサイト等の運営者が個人を特定するためには、必ずメールアドレスとパスワードが必要になります。

次に、実際に稼いだポイント(現金に変換)やオークションで落札した報酬を振込むための銀行口座が必要になってきます。

この銀行口座はネットバンクと言われている楽天銀行やジャパンネット銀行がいいと思います。

理由は、24時間360日パソコン上で、残高確認や他行への振込が可能なことです。

また、ネット上にホームページを持つため人件費が節約できますので、振込手数料も割安となっており、定期預金の利息も高めで、利用状況に応じてポイント還元やいろんなサービスが用意されています。

またポイントサイトなどで収入を増やすためには、たくさんのポイントサイトに登録して複数のサイトからの収入を得る必要があります。

そこで必要になるのが、IDとパスワード(アカウント)の管理ソフト(無料)です。

パスワードは数か月単位で変更することが望ましいですが、変更した内容を記録したり、どのポイントサイトのパスワードなのか、メールアドレスを複数持っているとどのサイトのメールアドレスなのか、を関連づけしておかないとパスワードなどが不明の状態に陥ります。

1-3) ネットで稼ぐための基礎知識・商品販売の方法

自分のホームページを持たなくてもネットで稼ぐ方法とは、
ポイントサイトやアンケートサイト、クラウドソーシングサイトなどへの会員登録を行ない、そのサイトで提供されるサービスを利用することで報酬を獲得する方法である。
また、通常考えられる商品の販売においても自分でショッピングサイトを作成し集客しなくても、簡単に商品販売できる方法があります。
それは、商品を販売するためのショッピングサイトを無料で提供してくれるサービスがあります。
そのサービスの無料会員になり、指定された商品や仕入れ先から商品を仕入れて提供された、ショッピングサイトで商品販売を行う方法です。
また、誰でも知っているヤフオク(ヤフーオークション)やメルカリを利用して自宅にある不用品やネットで商品を仕入れて販売する方法があります。

(1) ネットオークションとは

ネットオークションとは、
ネットで開催されるオークションの場に参加(自分の商品を出品し競売にかける)して、そこに集まる参加者の中で決められた最終期限までに最も高値を付けた人に商品が落札される商品販売形態いいます。
一般的に言うフリーマーケット的な感じなので、まず自宅にある不用品の販売から始めることをお勧めします。
今もっとも簡単に出品できるのは「メルカリ」だと思います。
もっと本格的にオークションを始めるならどんなジャンルでも参加者が多い「ヤフオク」がいいと思います。
基本的には、ショッピングと同じで、安く仕入れて高く売って稼ぐ方法です。
しかし、商品を出品して安値から始めても、競り合う人数が少なく価格が上昇しなかった場合に、仕入れ値より安く落札されてしまうこともあります。
その場合、最初から落札価格を即決価格として提示したり、送料や利益を含んだ価格で出品する方法もあります。
初心者さんの場合、最初は自宅にある不用品をオークションサイトの「メルカリ」で出品することをお勧めします。
初心者さんの場合は、そこで欲しい商品を落札したり、不用品を出品したりして出品方法を学び、オークションのシステム全体を理解することができると思います。
専門的にオークションだけで稼いでいる人もいます。
中国などから安い商品を仕入れてオークションやショッピングサイトで販売したり、隠れた人気商品を探しその商品だけを出品している人もいます。
本格的に行うには、出品商品の選び方や出品時の作業効率、全出品商品に対する仕入れから落札までの状況管理(落札状況や入金・出金の管理)が重要になってきます。

2. まとめ

ネットで稼ぐには、自分でホームページを作成しアフィリエイトで稼ぐのが一番だと思いますが、アフィリエイトの場合、報酬を得られるようになるまで時間(半年~1年程度)がかかります。
ある程度の報酬(月10万円ぐらい)が発生するまでに、挫折する人が8割以上います。

報酬も見込めないのに、継続できないのは当然で最初からどれくらいで稼げていくのか、現在の状況が山の何合目かを分かっていれば楽しく継続できると思います。
何度も挫折中の私が、どうすれば継続できるかを今後詳しく書いていきたいと思います。

自分のホームページでほったらかしで稼げるアフィリエイトによる不労所得のメリットは大きいです。

とりあえず、初心者さんには成果早く簡単にできるものと平行してポイントサイトやオークション、クラウドソウシングなどを実施していくことをお勧めします。

木のナビゲーションボタン「Next」

➤ 「ネットで稼ぐための基礎知識・2」へ進む。

====================

ネットで稼ぐために準備しておくもの。

 最初は「ネットで稼ぐための基礎知識」からはじめましょう。

ネットで稼ぐための準備
no 準備するもの
01 ネットで稼ぐための基礎知識
02 メールアドレスの取得・比較
03 レンタルサーバーの取得・比較
04 ドメインの取得
05 ネットバンク口座開設
06 クレジットカ-ドを作る
07 a8ネットなどaspへの登録
08 便利なフリーソフト・無料ツール
09 ホームページ作成ソフト(SIRIUS)

「ネットで稼ぐための準備」へ進む。

====================

初心者はネットで稼ぐために何をすべきか。

総合メニュー
Top (ブログの概要) 
  ネットで稼ぐための準備
ネットで稼ぐ稼ぎ方
日々の実践記録
オススメ情報
HELP・お助け情報

「ブログの概要」へ戻る

====================

シェアする

フォローする

トップへ戻る