ネットで稼ぐための準備・ネットバンク口座開設

3. ネットで稼ぐための準備・ネットバンク口座開設

ネット銀行とは、実店舗を持たないインターネットのホームページ上の銀行のことで、ネット銀行で口座を開くことをネットバンク口座開設といいます。

ネットビジネスでは、商品の仕入れなどに伴う指定先銀行への振込やアフィリエイト報酬などの受け取り用口座はネットバンク口座が便利です。

取引はすべてパソコン上で行い銀行のホームページで口座番号とIDとパスワードを入力することで、365日24時間、自宅のパソコン上で残高照会、振込、振替などがでます。

銀行側にとっては、ネットでの取引のため人件費の削減ができ、その分手数料などを割引するなどお客にとってのメリットも多くあります。

そこで、ネットバンク口座の開設にあたり、振込手数料などを比較してどのネット銀行を選ぶのかが大切になります。

ネットバンクのメルット・デメリット

ネットバンク利用のメリット

・365日24時間、銀行に行かなくてもパソコン上で残高照会、振込、振替などがでます。
・ネット取引だから店舗より預金の金利が高い。
・振込などの手数料などが安い。

などがある。

ネットバンク利用のデメリット

・IDやパスワードを忘れてしまいログインできない。
・規定回数以上IDやパスワードを間違うと利用停止になることがある。
・システムメンテナンスによりログインができない場合がある。
・IDやパスワードを盗まれる恐れがある。

もっとも大切なことは、セキュリティの問題でIDやパスワードを入力する最初の画面で、ホップアップ画面(IDやパスワードのみを入力する新しい窓で開く別画面)を表示して、入力したIDやパスワードを盗み取り、本人になりすまし預金を引き出す手口に合わないようホップアップ画面の表示がでたら、絶対IDやパスワードを入力しないよう注意が必要です。

・・・この点につきましては、各ネット銀行では振込など現金の移動時に事前に登録した確認パスワードや登録したメールからワンタイムの取引パスワードを受信して入力したり、自分専用のトークンという機器でランダムに表示される認証用コードを確認したりして、2重3重の安全対策を取っています。

私の場合、現在20年以上ネットバンクを利用していますが、現金トラブルなどはまだ一度もありません。

利用者個人ができることは、3か月に一度程度パスワードを変更したり、ATMでの引き出しや振り込み時での限度額の設定をしたり、パソコンにウイルス対策ソフトを組み込んだすることだと思いますが、これも被害に合わない重要なことだと思います。

ただ、利用するネットバンクによっては、セキュリティ対策の取り組みの甘さなどもあり被害に会う恐れも否定はできません。

そこで、どのネット銀行を選ぶのかは、金利や振込手数料だけではなくセキュリティ対策への取り組み姿勢なども大切な基準になってきます。

ネットバンキングの比較

比較する内容は・・・

・振込手数料の比較、無料利用回数や条件
・預金金利の利率
・利用できるATMの数、連携しているATMの数や利用時の手数料
・セキュリティ対策への取り組み

などです。

ネットバンク専用(法人を除く)

比較項目 ソニー銀行 住信SBIネット銀行 新生銀行 ジャパンネット銀行 楽天銀行
振込・自行 無料  無料  無料  54円  無料
振込・他行 月1回・無料

1-15回月・無料
以降は154円
1-10回月・無料
 172円 165円  
ATM手数料 セブン・イオン銀行無料  2-15回月・無料
以降は108円
コンビニ
都市銀行無料
 コンビニ
月1回無料
2回目~3万円以上で無料
3万円以上無料
開設後半年
5-7回月無料
定期金利 年0.150%  年0.200% 年0.01% 年0.02% 年0.03%
セキュリティ
対策
ワンタイム
認証 ★★★ 
 システム監視
★★
セキュリティ
カード ★★ 
トークン
★★★
ワンタイム
認証  ★★
その他  おまかせ入金サービス SBI証券と連動 スタートアップ
定期預金
年0.500%
ヤフオク「かんたん決済」手数料無料  楽天証券と連動

ネットバンクでの現金の受け取り方法は、直接の窓口がないためネットバンクでキャッシュカードを作り、連携しているコンビニATMなどから出金するか、自分が利用しているメインバンクへ振込を行うことで現金の出金ができます。

ネットバンキング口座の開設方法

ネットバンクの穂座開設は、ネットバンクのホームページより口座開設の申込または資料請求を行います。

すると、資料が送られてきますので必要事項を記載して、本人確認書類のコピー(免許書など)を添えて返送します。・・・必要事項とは、キャッシュカードの暗証番号やログインIDや連絡用メールアドレスなどを記載します。

すると、1週間~2週間程度でキャッシュカードや仮パスワードが送られてきますので、申し込んだネットバンクのホームページにアクセスして、個人情報の登録やパスワードの変更などが可能になり利用可能になります。

ネットバンク銀行を選ぶポイント

ネットビジネスで使用するネットバンクでは特に振込手数の安さや会員数の多さがポイントになります。

例えば、商品販売時に自分の口座に振込を依頼する場合、ネットビジネスをしている人の多くが持っているジャンネット銀行や楽天銀行当てに振り込んでいただくようにすると、相手方にとっては同行への振込となり手数料が安くなります。

また、よく利用されている複数のネットバンク口座を持つとで、相手の指定するネットバンクがよく利用されているものであれば、支払いを同行あてで無料で振り込む機会も多くなります。

そこで、いまよく利用されているネット銀行を紹介します。

楽天銀行

楽天銀行は、現在500万口座を達成している日本最大級のネットバンクです。

楽天証券やSBI証券での株取引をされている方や予定している方は楽天銀行や住友SBIネット銀行の口座を開設しておくと証券会社への入金が無料になったりポイントがついたりしますのでおすすめです。
資産残高が10万円以上あると、振込手数料やATM入手金手数料が月1回無料になります。・・・ハッピープログラム

また、振込手数料を楽天ポイントでも支払うことができ、ゆうちょ銀行(本人名義口座)からの入金(自分の楽天銀行口座)は無料で行うこともできます。

口座開設・・・楽天銀行

ジャパンネット銀行

ジャパネット銀行は、2015年10月に300万口座を達成している日本最大級のネットバンクです。
また、インターネットバンキングでのトラブルに対する補償金の支払いなどもあります。

特に、振込など現金の移動時の本人認証はトークンと言う機器により毎回使い捨てのワンタイムスワード方式を採用。

ネットバンクでは、ジャンネット銀行と楽天銀行の口座利用者がダントツに多いのでどちらかの口座を開設しておくことをお勧めします。

口座開設・・・ジャパンネット銀行

ソニー銀行

ソニー銀行では、セブンイレブン・イオン銀行のATMの利用が、新生銀行では、セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンのコンビニATM、ゆうちょ銀行ATMでの入出金が無条件で何回でも24時間365日無料です。

セキュリティ面を重視するなら、トークンを採用しているソニー銀行かジャパンネットがおすすめです。

口座開設・・・・・・・ソニー銀行

新生銀行

定期預金の金利では、住友SBIネット銀行が年0.200%でだんぜんお得です。

また、新生銀行では口座開設後30万円1口の3カ月満期のスタートアップ定期預金に加入すれば年率0.50%の利息が適用されます。

口座開設・・・新生銀行

住友SBIネット銀行

楽天証券やSBI証券での株取引をされている方や予定している方は楽天銀行や住友SBIネット銀行の口座を開設しておくと証券会社への入金が無料になったりポイントがついたりしますのでおすすめです。

口座開設・・・ 住友SBIネット銀行

まとめ

ネットビジネスで必要なネットバンク口座は売り上げ用、支払い用など運用携帯に分けて
使用したり、献金を複数口座に分散して運用したりするため複数持つことをオススメします。

私の場合、ジャパンネット銀行、楽天銀行、住友SBIネット銀行、ゆうちょダイレクト、北陸銀行ダイレクトを利用してます。

一般的にネットバンクは店舗なしのインターネット専用の取引銀行ですが、本店のみ店舗があったり、現在メインバンクとして利用している都市銀行や地方銀行でもインターネットでの取引が可能になってます。

みずほダイレクトや住友ダイレクト、ゆうちょダイレクトなど・・・現在あなたが口座をおもちなら、その銀行のホームページからインターネットバンキングの取引手続きをされることをお勧めします。

そうする事により、メイン銀行からネットバンクへの現金の振込や逆にネットバンクからメイン銀行への現金の移動がパソコン上でできるようになります。

また、いろんな銀行口座に対応した無料の家計簿アプリなどを利用して口座管理をすることも可能です。

家計簿+資産管理ソフト・・・・・・・・MoneyLook for 住信SBIネット銀行
家計簿 Kakeibon (フリーソフト)・・・Kakeibon

================

 ネットで稼ぐために準備するもの

no 準備するもの 費用
001 メールアドレスの取得
002 レンタルサーバーの取得 3,000~12,000円  (年間)
003  ネットバンク口座開設
004 クレジットカ-ドを作る
005 a8ネットなどaspへの登録
006 便利なフリーソフト・無料ツール
007 ホームページ作成ソフト(SIRIUS) 数万円・買取り

初心者はネットで稼ぐために何をすべきか。

総合メニュー
Top (ブログの概要) 日々の実践記録
 ネットで稼ぐための準備 オススメ情報
ネットで稼ぐ稼ぎ方 HELP・お助け情報

シェアする

フォローする

トップへ戻る