ワードプレスとホームページビルダーとの違いについて

ワードプレスってホームページビルダーと何が違うんだろう?

こんな、疑問を持った人は私だけだろうか。

 ホームページビルダーは、パソコン内でホームページを作成・編集するソフトで、作成されたホームページ言語のHtmlやCssや画像データImgなどを、サーバー(レンタルサーバー)へ転送して使用するものです。

それに比べてワードプレスは、サーバー内で動くプログラム言語のPhpと、 サーバー内のデーターベースMySQLを利用して動作しており、全てサーバー内でシステムが動作しています。

ホームページビルダーの場合、システムのインストール先は、 自分のパソコンの中であり、すべての写真などのデーターベースやHtmlやCssのページは、 自分のパソコンの中にあり、そこで作られたIndexページやHtml,ページだけを Ftpによりサーバーヘ転送するものです。

この方法だと、ホームページビルダーをインストールしたパソコンからのみの使用となり、Imgファイルや転送前のHtmlファイルなどの閲覧やBackUpも、そのパソコンで実施することになります。

当然、システムのBackUpは、インストールしたパソコン内のファイル全て、と言う事になります。

ところが、ワードプレスの場合は、インストール先のファイルは、 直接サーバーなので、BackUpは、サーバー(レンタルサーバー)のインストール先のファイルを、自分のパソコンや外部記憶装置へ 定期的にコピーすることになります。

ワードプレスの起動は、Idとパスワードがあれば、どのパソコンからでも起動が可能です。

ワードプレスは、サーバー内で動くプログラムなので自分がワードプレスをアップロードしたサーバーにIDとパスワードがあれば使用出来ます。

つまり、サーバー(レンタルサーバー)は、インターネット上にあるのでインターネットに接続されているパソコンさえあれば、どこからでもワードプレスの作成・編集を含め閲覧が可能になります。

ちなみに、 ホームページビルダーでは、パソコン内でホームページを作成・編集するソフトなので、ホームページビルダーがインストールされたパソコンのみでしか作成・編集ができません。
(勿論、アップロードしたホームページの閲覧は、どのパソコンからでも可能です。)

しかし、ホームページビルダーの場合、複数のサイトの作成・管理が簡単にできます。

ワードプレスの場合はシステムごとサーバーにインストールする必要があるため複数のサイトを運営には向いていません。
(1つのワードプレスで複数サイトを運営する方法はありますが、運営・管理などのスキルが必要になります。)

ワードプレスでは、末永く続けていく更新型ブログなど、将来100ページ以上になる「メインサイト」としての利用が向いていると思います。

「マルチサイト機能」を使って一つのワードプレスで複数サイト作ることが可能です。

マルチサイト機能とは・・・一つのサーバーで複数のブログを管理・運営することで、 サブドメイン型とサブデレクトリ型がある。   詳しくは、コチラ

マルチサイト機能のメリット

・管理が一元化できる。 ・データベースが共有できる。

ワードプレスでのマルチサイト機能のデメリット

・「wp-config.php」や「.htaccess」の設定が面倒
・テーマが別々の場合、管理が面倒 ・既存サイトをマルチにするには、初心者にはむつかしい。
・マルチ未対応のプラグインがある。

私の場合、このブログのワードプレスをサーバーに1個、メインサイトとして使用し 、サブサイトは、SIRIUS(シリウス)で作成していくつもりです。

 WordPress   (テーマ simplicity) ・HTML CSS へ戻る

=======================

初心者はネットで稼ぐために何をすべきか。

総合メニュー
Top (ブログの概要) 日々の実践記録
ネットで稼ぐための準備 オススメ情報
ネットで稼ぐ方法  ELP・お助け情報

  「ブログの概要」へ戻る

シェアする

フォローする

トップへ戻る