独自ドメインとレンタルサーバーについて悩んでいた。

アフィリエイトを実践していくには、作成したホームページをレンタルサーバーに転送し、 ネット上誰でも見ることができるよう、公開しなければならない。

そこまでは、理解できていたがGoogleに認識してもらうには、 Ping送信が必要なことが分かった。

これは、ホームページの作成・更新時に必ずやっておかないと、 いつまでたってもGoogleに認識されない可能性があるらしい。

また、Ping送信機能は、先日購入したホームページ作成ソフトSIRIUSにあることが、 分かった。

さて、今後商品紹介のサイトアフィリエイトを実践していくにあたり、 何が必要かを考えていたら日本後独自ドメインを取得して、 ホームページのURLの中にサイトのタイトルのキーワードを組み込み検索時の上位表示を、 狙う必要があることが分かってきた。  

独自ドメインとレンタルサーバーについて悩んでいた。

独自ドメインを取得するには、レンタルサーバーが必要になるわけですが、 独自ドメインを取得するごとに、サーバーを取得になければいけないのか、・・・ と、言う事で悩んでいました。

それがやっと、わかりました。

ほとんどのレンタルサーバーでは、マルチドメイン(1つのレンタルサーバーの中で複数のド メインを利用)の利用が可能でありその数も数十~無制限まである。

ちなみに、私のさくらサーバー(スタンダードタイプ)では20個まで利用可能であることが わかった。

それならば、20個までの日本語の独自ドメインによるホームページ運用ができる。

ただ、それ以上にサイトを作成していくには新しいレンタルサーバーがいずれ必要になる。

そのサーバーの選び方も重要で、ワードプレスが簡単にインストールできるかや、使用できる マルチドメイン数や日本語ドメインが使用できるかなどを考え契約する必要がある。

毎日のようにサイトを作成しているある有名なアフィリエイターの話では、 独自ドメインでも[.net] [.com] [.jp] [.xyz] [.xxx]などいろいろあるが、 なにを選ぶかや、レンタルサーバーの選定方法や、サイトのペナルティ対策として サイトの独立性(サテライトサイト・・・異なるサーバーで関連サイトを作成して リンクを張り合いアクセスを増やす目的で作ったサイト・・・を作らない) の大切さや非リンクについて、いろいろ述べている。

わたしは、この人のメルマガ読者でもありますが非常に勉強になります。

これらのことは、将来非常に重要になってくると思い事前に学んでおくことが、 重要だと思いました。

このブログ「日々の実践記録」では、こうした学びの内容、 今まで疑問に思っていたことが分かったことなども、どんどん書いていきたい。

多分、私が思う疑問は初心者の方ならば誰もが疑問に思っていると思うので、 書いていきます。

ただホームページを作っていくだけでなく、先々のためにこういったSEO(検索エンジンへの上位表示)や、 リスク分散などに関する知識を並行して学びながら、 ホームページ作成に頑張っていくことも大切なことだと思いました。

 「日々の実践記録」の目次へ

=========================

初心者はネットで稼ぐために何をすべきか。

総合メニュー
Top (ブログの概要)  日々の実践記録
ネットで稼ぐための準備 オススメ情報
ネットで稼ぐ稼ぎ方 HELP・お助け情報

  「ブログの概要」へ戻る

シェアする

フォローする

トップへ戻る